住民協議会

三鷹市西部地区住民協議会と井口コミュニティ・センター

三鷹市西部地区住民協議会は、昭和53年11月26日設立された三鷹市内3番目に誕生した住民協議会です。

コミュニティ・センター敷地内には、コミュニティ広場、防災倉庫(昭和57年完成)、テニスコート(1面)、プール(屋上)があります。

またセンターは市民自治の拠点でもあります。

住民協議会は防災・スポーツ・文化・広報・福祉・健康・緑化推進・リサイクルなど、さまざまな分野で幅広いボランティア活動を展開しています。

三鷹市西部地区住民協議会の構成

井口・深大寺・東野・野崎地区(1丁目除く)の各町会・自治会、にしみたか学園PTA、幼稚園、商店街、交通対、青少対、交通安全協会各支部、消防団、日赤奉仕団、女性防災リーダー、学校開放登録団体などの団体及び井口コミュニティ・センターを利用している自主グループで推薦選出された委員120名(公募含む)により構成されています。

三鷹市西部地区住民協議会の組織

総務・厚生・体育・文化・広報・防災の6つの部会と運営委員会と健康づくり推進委員会の2つの委員会があります。

soshiki2